MASTERS-2016 予定卓

シノビガミ

◆シナリオタイトル: NINJA OF THE DEAD 〜死霊の黄金週間〜

◆マスター名: あかうさ

◆予定プレイヤー人数: 3〜4 人

◆TRPG初心者対応: 大歓迎です

◆来てほしいプレイヤーのタイプ:(重視するものは数字が大きい)
  役者:3 、 遊技者:3 、 作家:3 、 黒子:1

◆キャラクター作成: 初期作成のみ(いちから全て作り、初期の状態)


◆追記事項:
【プレイヤーへのメッセージ】
シノビガミは現在の闇に生きる「忍者」となって戦う、忍術バトルRPGです。
システムの特徴としては、超人演出し放題の判定システム、間合の読みあいが熱いスピーディーなバトル、PCがそれぞれ持たされた「秘密」を探り合うスリリングなシナリオ展開などがあげられます。
今回は「生存者たちがゾンビだらけの街から脱出する」という「協力型」シナリオで、さほど入り組んだ内容ではありません。
調べねばならないものはPCの秘密以外にも複数存在し、放っておいてもゾンビ忍者がわらわら襲ってきます。まずは脱出のために協力体制を築いたほうがいいでしょう。
初心者の方にもルール面は頑張ってサポートしますので、みんなで1日楽しくお話を盛り上げて遊びましょう!

【シナリオ紹介文・トレーラー等】
忍者六大流派の一つ斜歯忍軍(はすばにんぐん)の研究所で開発していた特殊なウィルス、通称N2ウィルスが流出。それは一般人を忍者化する悪魔のウィルスだった。
だが感染者はみな急速な忍者化に耐えきれずに屍忍と化し、研究所のあった町は壊滅。日本政府は斜歯忍軍、鞍馬神流(くらましんりゅう)、比良坂機関(ひらさかきかん)の三流派の協力を得て即刻町を封鎖した。逃げ遅れた一部の生存者を残したまま……。
かくして、取り残された者たちの戦いが始まる。

なお、クライマックス終了後には米軍による爆撃が行われ、町は完全に破壊される。

【対応サプリメント】
基本ルールブックのみ(現代編)

【各PCへのハンドアウト等】
PC1:NPCを連れて旅する流れ者の忍者
PC2:とある任務中に巻き込まれた不幸な忍者
PC3:事故を調査に来た国家諜報機関の忍者エージェント
PC4:ウィルス発生源である研究所の研究員(科学忍者)
NPC:PC1の妹、または娘

【キャラ作成の補足・詳細条件等】
PCは初期作成状態の中忍です。背景、奥義改造などの追加ルールは使用しません。
サンプルキャラの使用もしくは改造でもOKです。


[ 閉じる ]