MASTERS-2016 予定卓

平安幻想夜話 鵺鏡

◆シナリオタイトル: マッド・鵺鏡 〜怒りのデス牛車〜

◆マスター名: たこすけ

◆予定プレイヤー人数: 2〜4 人

◆TRPG初心者対応: 大歓迎です

◆来てほしいプレイヤーのタイプ:(重視するものは数字が大きい)
  役者:3 、 遊技者:3 、 作家:2 、 黒子:2

◆キャラクター作成: 初期作成のみ(いちから全て作り、初期の状態)


◆追記事項:
【プレイヤーへのメッセージ】
 鵺鏡は、保元の乱が史実とは違う結果になり黒い霧に閉鎖された平安京を舞台に、妖怪変化や人間たちが失った物や因縁に導かれて物語を紡ぐ、和風ファンタジーTRPGです。
 実際の平安時代とは違う部分が多々ありますが、一番の違いは朝廷が玉藻前率いる妖怪に支配されていることです。『平安時代っぽい和風ファンタジー』くらいで遊んでいただけると、参加者全員で楽しみやすいンじゃないかと思われます。
 PC間でロールプレイを回して物語にオチを付けるのを目指すルールですので、他の参加者とバンバン絡みをRPしたい方にオススメです。
 システム的にシナリオのネタバレとか関係ありませんので、どこかで読んじゃったことがあっても問題ない安心設計です。
 キーワードは「あなや!」と「いと○○」。コレさえ使えば平安っぽくなります。

【シナリオ紹介文・トレーラー等】
(Googleドキュメントで公開中→ https://goo.gl/ThqGwq )
 彼の乱より、魑魅魍魎の跋扈する魔都と化した平安京。
 朝廷の横暴は残酷を極め、見目の良い娘を攫っては帝に献上するなど日常茶飯事。都の民草はその暴虐に震えるしかなかった。
 その朝廷に、デス牛車なる祭りの舞台そのもののような面妖な乗物が完成する。稀人(まれびと)テクノロジーを駆使した最新のV型8牛頭DOUC(ダブル雄牛)式牛車だ。(「朝廷を称えよ!牛8!牛8!牛8!」)
 帝に献上されるを良しとしない女たちがデス牛車で逃げる。同乗するは、同じように攫われてきた小野小町。業平の手により小町を救い出した男。
 追う朝廷軍。その中にはデス牛車の専属御者になる予定だった若者も居る。
 牛車と牛車が火花を散らし、都を駆け巡るハイスピードチェイスシナリオ、「マッド・鵺鏡 〜怒りのデス牛車〜」。近日公開予定!(クラッシュシーンのカットと効果音)
 本シナリオは特殊なシーン表を使い、チェイスシーンが高い確率で発生する。

【各PCへのハンドアウト等】
●道標・甲(PC1)
初期因縁:玉藻前(目障) /初期喪失:自由(【生様】20)
推奨分限:孤高、武士、式 /目的:内裏を脱出し、故郷へ帰る。
--------------------
 帝に仕える者であったが、玉藻前が内裏に来てからの荒廃に我慢ならぬ。

 帝の為とかどわかされてきた者たちを連れ、都の民草を更に苦しめるデス牛車を奪い、君は故郷を目指す。
--------------------
●道標・乙(PC2)

初期因縁:玉藻前(主君) /初期喪失:寿命(【血脈】11)

推奨分限:変化、異形 /目的:デス牛車を取り戻す。
--------------------
 ヒトならざるものとして都の闇に生まれ、玉藻前に救われ、朝廷にて仕えることになった。

 命すら削りながら、デス牛車専属御者となるための訓練をし、選抜を抜け、試運転にも関わってきた。
 正式配備を前に、"君の"デス牛車は奪われてしまったのだ。
 取り戻さねばならない。玉藻前様の威光を示すために、己の名誉を取り戻すために。
--------------------
●道標・丙(PC3)

初期因縁:小野小町(利用) /初期喪失:愛(【魂魄】7)
推奨分限:人鬼、孤高、野盗、武士 /目的:女たちを逃がす。
--------------------
 故あって在原業平より依頼され、朝廷にかどわかされた小野小町を奪還することになった。

 業平の手引きのまま、デス牛車に乗り込んだところであなや!別の者たちも内裏から脱出しようとしていたのだ。
 同じ牛車に乗る逃亡者同士。協力せねば、逃げ切ることなど不可能か。
--------------------
●道標・丁(PC4)

初期因縁:玉藻前(恐怖) /初期喪失:子を作る力(【血脈】8)
推奨分限:娼妓、孤児、貴族 /目的:朝廷から姿を隠す
--------------------
 子をはらむことすら出来ぬ身を、帝のおそばに置くこともあたわず。

 内裏を抜けるものたちが居ると聞き、同行することとした。
 それが地獄への道行きであったとしても、構わぬ。
--------------------

【キャラ作成の補足・詳細条件等】
・サイコロは20面体を3〜5個くらい使います。一応GMも貸出し用を準備する予定です。



[ 閉じる ]